カテゴリー: Uncategorized

心療内科で漢方薬を処方された話。生理不順が解消

営業をしている女性です。仕事がかなりハードで、メンタル面で体調を崩して心療内科を受診することになりました。

うつのような精神的な症状も辛かったのですが、生理が3か月ほど止まってしまっておりそれもとても気になっていました。

完全に経血が出ないわけではないのですが、下着に少し茶色い血が付く程度。明らかに量が少なく、ずっと下腹部が重い感じがしていました。

心療内科の診察範囲ではないので、婦人科に行こうとも考えたのですが、内診が苦手でメンタル不調を抱えている時に行くのはどうしても気が進みませんでした。

そのことを先生に話すと、温経湯(うんけいとう)という漢方を処方してもらえました。

血液の循環を良くし、特に子宮内を綺麗にしてくれるお薬だとのこと。また、うつっぽい気分にも効きやすいということだったので、ぴったりだと思いました。

ツムラの粉薬で処方されましたが、あいにく粉薬が大の苦手。恥ずかしい話ではありますが、服用するためのゼリーも一緒に購入しました。

毎食前に飲むように言われていたので、その通りに服用していました。

初めて漢方を処方され、漢方薬に興味を持ったので少し調べてみました。

すると、「体に合っている漢方薬なら飲めないほど苦くは感じない」という記事を発見。

粉薬をそのまま飲んだ経験は小学生以来ありませんでしたが、興味本位でお湯に溶かして飲んでみました。

決して美味しいとは感じませんでしたが、粉薬特有の嫌に残る苦みやくせは感じず、無理なく飲むことができました。すごく驚いたのを覚えています。

漢方薬には、その香りにも効能があると書いてあったので、それ以降はお湯に溶かして服用するようにしました。

会社などでゼリーで飲むのは恥ずかしかったので、ストレスなく服用ができるようになりました。

飲み始めて2週間後が次の生理でしたが、前よりも少し経血が多くなった程度であまり効果を実感することはできませんでした。

ただ、冷え性が改善されているように感じましたし、下腹部の違和感は取れていっているように感じました。体調が全体的に改善していたのです。

そしてその次の生理は通常よりも多い経血が出ました。4~5か月分の血液が溜まっていたので、かなり重い生理になって大変ではありましたが、むしろ体調は良かったです。悪いものがきちんと排出されている感覚がありました。

漢方って本当に効くんだろうかと疑問を持っていましたが、私の症状にはぴったり合っていたようで期待以上の効果でした。

ダイエットをしない言い訳ばかりをしてしまう

ちょっと食べたぐらいで体重が増えるのでイライラします。そのくせちょっと食べないぐらいじゃ痩せないって、「なんでやねん!」というものですよ。「なんでやねん!」と身体にツッコミを入れてしまいたくなりますよ。

 

そんな日々にて、お盆休み突入ですよ。

悲しいかな、私は付き合いが多い方ですから、食べる飲むの付き合いだって多いわけです。

そして私は誘惑に弱いタイプです。そういうわけでお盆休み中によって、体重が増加してしまいましたよ。

 

500gだってなっかなか減らないのに、お盆休みのほぼ1週間で2kgも体重が増えてしまったのです。これは由々しき自体ですよ。

そして私のダイエットへの志がぽっきり折れて戻らずに、未だにその増えてしまった体重2kgが元に戻っていないのですよね。まずいまずい。

 

これで仕事が始まれば元に戻るかとおもいきや、一度折れてしまったダイエットへの志はなかなかか戻っては来ないのですよ。

まあ自分の責任なのですけれど、しかし「まーいっかー」を多発してしまって、そしてなかなかダイエットを本格的に再開できないままなのです。

 

これで3日ぐらい食べられないほどに忙しければ、私のダイエットへの志もまた復活するかもしれないのですが、しかしいかんせん堕天使的状態ですからね。

今、ものすごくテキトーに発言しましたよ。もともと天使じゃないのですから、堕天使もなにもないのですが。

ま、体型は天使に近いものはありますけれど。もちろん大人の天使ではなくって、子供の方の天使ですよ。まるまる肥えているかわいらしい子供の方の天使です。

 

まあしかし、私は天使でもなければ子供でもありませんから、太ってOKなわけではないのです。

ですからダイエットを再開して、そしてさっさと痩せなくてはならないのですが、しかし未だにあまり効果を発揮していないというわけですよ。

 

しかも「足を蚊に刺されて運動したらかゆいからー」ですとか、「付き合いが続いちゃってなかなかダイエットができないのー」ですとか、ライ◯ップ的な会社がきいたら猛烈な勢いで積極かまされるぐらいにゆるい発言を連発しているというわけですからね。

よくはないとは思っていますよ。

 

まあぐだぐだ言っていても始まりませんから、今日から今らかぐらいに頑張ろうとは思っています。

というか魔法で体重3kgぐらい落として欲しいのですけれどー。

などと甘っちょろいことを言っているうちはダイエットなんてできないでしょうか。よくはないとはわかっていますが。

寝る前に服用している筋肉の緊張を和らげるシャクヤクカンゾウトウ

子どもを出産する前から「出産に向けての不安や緊張」もありなかなか寝付けないことがありましたが、出産後もしばらく寝付けないことが続いたので、産婦人科の担当の医師に相談しました。

「なかなか寝付けないんです」というと、先生は「出産前後は赤ちゃんに2時間おきに母乳をあげないといけないから、お母さんの体もなかなか深く寝付けないようになっています。

自然と眠れるようになっていくと思いますよ」と言われ、「確かに赤ちゃんに母乳をあげるために体が寝付けないのは普通のことかな」と納得して様子をみていました。

ですが、そう思いつつなかなか寝付けずほとんど眠れない日が続き、生活リズムもバラバラで落ち着かず「これはなんとかしないと」と思い内科へ相談に行きました。

「これは普通なのか、そうでないのか分からないから一度相談してみよう」という思いもあり、内科を受診しました。

また内科へ行ったのには妹の助言もあり、妹も仕事で海外を行き来していることから時差ボケでなかなか寝付けないことが多いのだそう。

仕事もあるし、でも寝付けないのが辛いということで内科へ受診して、お薬を処方してもらっていると聞いたことから、「一度内科で相談してみたら?」と言われたこともあり、内科を受診することにしました。

内科では「胸がドキドキすることもある」と伝えると、心電図をとって心臓に異常がないかをまずみてもらいました。

とくに異常を示す部分はないとのことで、まずは夜眠れるようにと、シャクヤクカンゾウトウを処方してもらいました。

この漢方薬は筋肉の緊張を和らげる効能があるそうで、寝る前に体が緊張してゆったりと寝付けないときに処方されるそうです。

また、少し前に義母が交通事故に遭ってしまい、ムチウチ状態になってしまったようですが、義母も同じ漢方薬を飲んでいるようです。

おそらく、年齢もあると思いますが、筋肉の緊張からくる痛みを和らげるために服用しているのかなと思います。

子どもが母乳を飲まなくなってから内科へ行き、漢方薬を処方してもらうようになりましたが、それまでなかなか寝付けなかったのが少しずつ改善されていきました。

母乳をやめたこともあったのかもしれませんが、漢方薬を飲んでいるときのほうが体がゆっくり休めている感覚があり、漢方薬のおかげで悩んでいた「寝付けない」という症状が改善されてとても助かりました。

現在も引き続き服用していますが、漢方薬は緩やかな効き目であることもあり、体にもやさしい感覚があるので安心して服用しています。

ダイエット成功してからが真のぜい肉ダイエットの始まりです

ダイエットに成功して、理想体重に戻す事が出来てから早3ヶ月経ちました。

その後体重はどうなっているかと言うと、有難い事に無事キープしています。

もっとも、多少食べ過ぎた時は1キロ以内の増量はありますが、それでもまた普通の食事をしていれば数日で元の理想体重に元通り。

歩く時の足さばきも楽で快適です。

(ピークの体重の時は両足の太もも同士のお肉が引っかかる感じになって、軽やかとは程遠くなっていました。)

そんなダイエット成功と呼んで良い浮かれた状態からふと我に返って現実を見てみると、果たしてこれで満足していて良いのかと言う考えが出てきました。

 

確かに理想体重には戻りました。しかし、これが「理想体型」かと言うとまだまだです。

あごは二重あごのままでフェイスラインは悲しい事にお世辞にもシャープとは言えない状態です。

二の腕は勿論出せません。何故なら逞しすぎますから。

そしてお腹も油断するとポッコリ出ますし背中の肉は昔と変わらず、はみ出したままです。

ダイエットの成果で昔のジーンズは何本か履けるようになりましたが、それもごく一部です。

まだまだ履けないジーンズがタンスの奥に眠っています。

そしてお尻だって、四角く貫禄たっぷりのままです。

そんな自分の現実を見て、「そうか、ダイエット成功してからが真のぜい肉ダイエットの始まりだ」と気付くのでした。

減量した後は筋トレで引き締めないといけないのだと悟ります。

そうやって程よい筋肉を身につける事によって、今後もきっと理想体重をキープし続けられるはず。

出来ればスポーツジムや水泳に行きたいけれど、何となく腰が重いし、続けて通えるか自信がないので、まずは今、普通の生活で出来ることをしようと思いました。

まずは下半身、特にお腹とお尻にギュッと力を入れて引き締め緊張させるという事を始めてみました。

今までは、こんな風に体を緊張させるのは良くない事だと勝手に思っていました。

何故ならアスリートが最高のパフォーマンスをする為に、体の力を抜く事を心掛けると言っているのを聞いた事があるからです。

また、継続してスポーツをしている知人が故障した時リハビリの先生に、いつも体に力が入っている状態なので怪我をしやすいんだよと言われ、体を脱力させる方法を教えてもらっていたからです。

でも良く考えたら、私はアスリートでもスポーツマンでもなく、普段から体の肉を脱力させている一般人でした。

せめて1日の数十分は体に力を入れて引き締める時間を作ろうと思いました。

そこで歯磨きの間の5分と、会社の朝礼で立っている15分をその時間にしてみました。

まだ始めて3日ですがダレきって脱力状態だったお尻が常時引き締まった状態に変わりつつあります。

この調子で頑張ってぜい肉ダイエットを続けていこうと思っています。

私の漢方を飲んでいた時の思い出をお話します

私は、子供の頃からアトピーに悩まされていました。いろんな治療を試してみましたが、どれもうまくいきませんでした。

そんな折、通っていた皮膚科(大学病院)から皮膚科の治療と併用して、東洋医学科を進められました。私はその当時凄くアトピーに悩んでいたので、藁にもすがる思いで、東洋医学科にも通うようになりました。

東洋医学科は、担当の先生がが症状に合わせて漢方薬を処方してもらうものでした。隔週で通ってました。

漢方薬を実際処方してだしてくれるのは、漢方薬を扱う調剤薬局でだしてもらうシステムでした。漢方がティーバッグに入っていて、土瓶で時間をかけて蒸しだすといった飲み方でした。

蒸しだした漢方薬はとても苦く、飲む時はかなりの苦痛を感じてました。

飲み始めて数ヶ月経っても、この苦さに慣れることはありませんでした。漢方は、20代前半の約3年間飲んでいました。

病院で先生がその都度処方を変えてくれるのですが、やはり苦さは変わりません。

でも、3年間飲み続けたおかげで、徐々にアトピーは軽減されていきました。一時はステロイドがなくても普通に暮らせていけるほどの回復をみせました。

しかし、数年経ってから転職して職場環境が変わったのを期に、またもアトピーが振り返してしまいました。

以前のような肌が爛れるほどの酷さはないものの、日常生活には支障がでるくらいはありました。

皮膚科に通うと同時に、もう1度東洋医学科にも再び通い始めました。以前のように苦味が軽減されており、2回目ともあり、凄く飲みやすく感じました。

今回は蒸しだした後のティーバッグを湯船にいれたりと、飲む以外にも使用しました。

前回は3年かかりましたが、今回は約半年程で効果がでてきました。アトピーはしつこい病気で、ちょっとした環境の変化で症状が振り返してしまうことはたびたびあるそうです。

私自身何回か振り返しましたが、漢方のおかげでそんなに酷くならない程度で治まっています。

これもすべて漢方薬の力だと思います。

皮膚科でのステロイドを使った治療は、根本的な治療にはなりませんが、漢方は根本から治せる薬です。

ただ、しっかりと服用していかなければ効果がでないので、そこが大変なことです。苦さがダメで断念する人も多いので、私はしっかり飲んでアトピーがかなり軽減できたのは嬉しいことでした。

今では風邪をひいた時も漢方薬を飲むようにしています。苦さはいまだに慣れないのが痛い所です。

私が考えた炭酸ダイエットは本当に有効なのか?

今「炭酸ダイエット」というものをしてみようかと思っています。

ちなみに先に言っておきますと、「炭酸ダイエット」とは私が勝手に言っているダイエット方法で、医学に基づいているとか、ダイエットの専門家が考え出したダイエット方法とかいうわけではありませんよ。

 

単純に私が「炭酸ドリンクを飲んだらお腹がふくれるじゃん。だからお菓子とか間食してしまいそうになる気持ちをおさえられるよね」とか思って、勝手に言っているダイエットですからね。

なので、「今流行りの炭酸ダイエット」とかいって、ブームになっていたような代物ではありませんので。

 

けれどもまあ、炭酸飲料を飲む炭酸ダイエットってある一定の効果はあると思うのですよ。

だって、確かに炭酸ドリンクを飲んだらお腹がふくれるじゃないですか。なので、私の場合は確かに間食が減っているんですもん。そして1日の総カロリーの低下につながっていますからね。ですから効果はあると思うのです。

 

ただいかんせん私がストイックじゃあありませんから。

飲む炭酸飲料は甘いものであったり、ジンジャーエールだCCレモンだと「甘味料も結構入っとるやんけ!」と言われるような炭酸ドリンクですからね。なので、ダイエット方法として伝授できるものではありませんよ。

 

しかし周囲の友達にすすめたところ、思いの外好評です。

感想として「確かに炭酸飲んでると満足しちゃって間食減るわ」ということだそうですから。

また、「コーヒーとか紅茶だと、一緒に食べるお菓子が欲しくなるけれど、炭酸ドリンクだとそれだけで満足だから間食しないかもね」ということで。ここは私も大いに同意したいところですね。

 

やっぱり家にいますと、ついつい食べてしまうのですよ。リビングにいますと、我が家はリビングルームとキッチンが近いですから、ついつい間食してしまいそうになるのです。しかしそこを炭酸飲料でおさえているとも言いましょうか。

できる限り間食しないようにと、今は多少のカロリーには目をつぶって、ダイエットのためにも炭酸ドリンクを飲んでいます。

 

まあストイックなダイエットをしている人からしたら、「炭酸飲むよりまず運動でしょ」という意見を言うことでしょうけれど。

そしてその意見には概ね同意はしますけれど、しかしながら私のような心が弱いようなダイエッターには好きなものを摂取してダイエットを続けるぐらいのダイエット方法がもっとも適しているのではないかなーなんてことも思うわけです。

寒い寒い冬の、高校受験と漢方薬の思い出。

私が初めて漢方薬というものと付き合い始めたのは、今から11年も前のこと。

受験を控えた中学3年生の時でした。(年齢がばれてしまいますね…笑)

 

先生が取り出した、銀色の袋に赤い文字で何やら見慣れない漢字の名前が書いてある薬。

初めて見たときはなんだかすごくカッコイイ!と思ったのをぼんやりとおぼえています。

 

そこそこの進学校を目指していた勉強していたある秋の日。

生理痛で学校を早退しました。

同時私は毎月やってくる女性特有の「それ」とすさまじい戦いを繰り広げており、保健室の先生には大分お世話になったものです。

今でこそ、「ちょっと痛いけど痛み飲んで仕事続けよっと」なんてことも可能になりましたが中学生の私はひたすら、その痛みに耐え、そして周りの目線を気にしつつ逃げるように保健室に足を運び…

数時間あの白いシーツのベッド寝て復活するのでした。

 

でもその日、枯れ葉が舞うころ、すごく寒かったのを覚えてますが、痛いのをガマンしているうちにだんだん気持ち悪くなってきて顔面蒼白のほぼグロッキーな状態で母の迎えを呼び、その足で(正確には車で)隣町の産婦人科へ運ばれました。

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんがその時は真剣そのもの。

もうろうとするなか、ふらふらと行った尿検査やら血液検査やらなにやらの結果は異常なし。

そこで初めて気づいた…

「お腹が痛くて受験に失敗したらどうしよう!!」と…

 

診察室に入ると先生は意外とカジュアルな感じで「からだをあたたためるおくすり、飲んでみようか」と言いました。

半信半疑ではありましたが、先生が取り出した例の銀色の袋。

「当帰芍薬散」

というものです。

なんだか大人びた感じで、それまではまさか私「漢方薬」とかかわることになるなんて想像もしませんでしたがその日から欠かさずに飲み始めました。

葉っぱが気から全部落ちて、みんなが受験モードになっていく中、私もひたむきにそのお薬を飲み続けました。

からだがポカポカしてくる感じや、パッケージがちょっとカッコイイので、

自分が少しだけ特別な存在になったような気がしたのを覚えてます。

 

受験は合格。いつから飲まなくなったのかはハッキリとは覚えていませんが、一時、生理痛や受験の恐怖の渦に巻き込まれたティーンエイジャーの私を救ってくれたヒーローみたいな存在です。

今後の人生でまた飲む機会があるのかどうかはわかりませんが、また出会ったら「あの時はありがとねー」と言いたいなあ、なんてぼんやり思います。